アドビ クリエイティブクラウドとは?

  • AdobeCS6永続的ライセンス販売終了
  • AdobeCreativeCloudとは?
  • AdobeCreativeCloudの導入効果

クリエイティブクラウドとは?

アドビクリエイティブクラウドとは、PhotoShopやIllustratorなどの定番クリエイティブツールをサブスクリプション(利用する期間の使用権を購入する形式)で利用する事ができる仕組みです。

Web(クラウド)からアプリケーションをインストールする形式ですので、常に最新版のクリエイティブツールが利用できます。
クリエイターが対応しなくてはいけないインフラなどの状況は常に変化をしており、最新のツールを利用するメリットは大きいはずです。

新しいインフラ、新たなデバイスへの対応、そのほかの環境の変化など、アドビクリエイティブクラウドなら、常に最新の環境に合わせた機能が提供されますので、クリエイターの方の負担も低減され、モチベーションの向上にも繋がります。

クリエイティブ制作に必要なすべてのツールおよびサービスを利用できます。継続的に提供される新機能やアップデートを随時利用できるので、クライアントや市場のニーズにいち早く対応できます。また、CS6以降のどのバージョンも使用できるため、グループ内で制作環境を統一できます。

CreativeCloudグループ版では、ライセンスが「個人」ではなく「会社」に紐づいています。管理者はシートの追加や使用者への割り当て、社員の移動・退社の際の使用者の変更などを、1つの管理コンソールからいつでも簡単に行えます。

CreativeCloudグループ版は、年間契約制のため初期導入コストが安く、1年毎に予算をライセンス数を見直せます。契約期間内はアップグレードなどの追加費用は不要、パソコン1台あたり年間83,760円(月額換算6,980円)となるため、固定資産にならず、経費として計上する事も可能です。

オンラインでご購入可能です
エルサットストアからお見積もり・ご購入

アドビクリエイティブクラウドのよくある誤解

  • 誤解その1
  • CreativeCloudはクラウドアプリだからネットに常時接続していないと使えない?
常時ネット接続しなくても使えます! Creative Cloudが提供するデスクトップアプリケーション(PhotoshopやIllustratorなど)は、WebアプリやSaaSではないので、以前と同様にPCにインストールして使用します。ですから、日常の制作業務に使用する上では、インターネットへの常時接続は不要*。通信環境に左右されることなく、アプリケーションを快適かつ安心してご利用いただけます。
  • 誤解その2
  • Creative Cloudになると、従来の永続ライセンスはもうなくなる?
永続ライセンスのご提供もあります! 最新版のご提供はCreative Cloudからのみとなりますが、永続ライセンス(ダウンロード版やライセンス版など)のCreative Suite 6 製品も継続してご提供いたします。ただしCS6製品は2012年5月発売当時の機能が搭載されており、今後も新しい機能やバージョンをリリースする予定はありません。
  • 誤解その3
  • Creative Cloudは、最新版が出ると「強制的」にアップデートされてしまう?
アップデートはお好きなタイミングで! 新たにリリースされるデスクトップアプリケーションの新機能やアップデートについては、お客様のお好きなタイミングでダウンロードおよびインストールすることができます。新機能やアップデートをリリースと同時に入手することも、お使いのバージョンを継続して使用することもできます。
  • 誤解その4
  • 知的財産を扱う企業として、オンラインストレージの利用は考えもの…
オンラインサービスの利用をブロックできます! Creative Cloudグループ版では、お客様の組織のIT管理者様が、クラウドストレージをはじめとする各種オンラインサービスへのアクセスをブロックすることも可能です。また、管理者様が必要なデスクトップアプリケーションだけをパッケージして、利用者のパソコンに展開する機能も備えています。
  • 誤解その5
  • Creative Cloudの中には、Fireworks CCは含まれていない?
Fireworks CS6をご利用いただけます! Firework sおよびEncoreは、CCバージョンではなく、従来のCS6のままCreative Cloudより提供されます。今後は新機能の開発は計画されてはいませんが、OSサポートやセキュリティアップデートなどは、引き続き提供する予定です。
  • 誤解その6
  • 過去にインストールしたパッケージ版の古いバージョンとは同時に使えない?
古いバージョンも同時使用が可能です! 最新のCCアプリケーションをインストールしても、従来の永続ライセンスでご購入いただいたCSアプリケーションもそのままご使用いただけます。もしCreativeCloudの利用を停止しても、元々所有していたCS製品の永続ライセンスは消失しません。
  • 誤解その5
  • Creative Cloudの中には、Fireworks CCは含まれていない?
Fireworks CS6をご利用いただけます! Firework sおよびEncoreは、CCバージョンではなく、従来のCS6のままCreative Cloudより提供されます。今後は新機能の開発は計画されてはいませんが、OSサポートやセキュリティアップデートなどは、引き続き提供する予定です。
  • 誤解その6
  • 過去にインストールしたパッケージ版の古いバージョンとは同時に使えない?
古いバージョンも同時使用が可能です! 最新のCCアプリケーションをインストールしても、従来の永続ライセンスでご購入いただいたCSアプリケーションもそのままご使用いただけます。もしCreativeCloudの利用を停止しても、元々所有していたCS製品の永続ライセンスは消失しません。
  • 誤解その7
  • Creative Cloudを最新版にアップデートすると、現行バージョンが使えなくなる?
現行バージョンも最新版も両方使えます! Creative Cloudのメンバーは、CS6以降のアプリケーションが全てご使用いただけます。さらに、CreativeCloudは最大2台のパソコンまで同時使用が可能なので、1台は取引先と制作環境を合わせるために現行バージョンのまま、もう1台に最新版をインストールするといったことも可能です。
  • 誤解その8
  • Creative Cloudに加入した時点での最新バージョンしか使えない?
過去バージョンにもさかのぼれます! いつCreative Cloudに加入しても、CS6以降のどのバージョンにも、いつでもさかのぼってご利用いただけます。例えば、新たにプロジェクトに参加したメンバーが最新版のCreative Cloudを購入したとしても、既存のメンバーと環境を合わせるために過去バージョンをダウンロードしてご使用いただけます。

オンラインでご購入可能です
エルサットストアからお見積もり・ご購入