Adobe Creative Cloud 2014にアップデートしよう!

Adobe CreativeCloud 2014にアップデートしよう!

2012年4月にリリースされて以来、絶え間なく進化を続けてきたCreative Cloud。CS6以降、新たに追加された新機能は数百にも及びます。
2014年リリースのCreative Cloudでは、PhotoshopやIllustratorをはじめとする14種類のデスクトップアプリケーションが一斉に刷新され、創造力と作業効率がさらに向上します。
また、デスクトップとも密接に連携する最新のモバイルアプリや、より充実した各種オンラインサービスにより、場所を選ばない快適なクリエイティブ環境を実現します。

Creative Cloud 2014年リリース- 進化を超える、進化。

PhotoShop CC 2014の新機能

PhotoShoppCCは、写真の補正、加工、合成、3D編集までをサポートする、世界最高峰のプロフェッショナル画像編集ツールです。Creative Cloud 2014でアップデートされた機能の一部をご紹介します。

  • 遠近法ワープ
    遠近法ワープを使用して、周辺に影響を与えることなく画像の特定部分の遠近感を調整。オブジェクトを見ている位置にパースを変更できます。
    例えば、望遠写真を広角写真に(またはその逆に)変更します。異なる消失点やカメラ位置からなる画像合成もシームレスに行えます。
  • スマートオブジェクトの強化
    ファイルをリンクされたスマートオブジェクトとして複数の文書に配置すると、元のファイルを1カ所変更するだけで、関連するすべてのファイルに変更が自動的に反映されます。新たに追加されたパッケージ機能では、スマートオブジェクトのリンクを維持したままファイルを自動収集、パッケージ化して簡単にまとめることができるようになりました。
  • ぼかしのモーション効果
    ぼかしギャラリーに、画像に動きを与えるような新しい効果が追加されました。スピンぼかしを使用すれば、円形または楕円形に回転するぼかしを作成できます。また、パスぼかしを使用して、パスに沿ったぼかしの追加も可能。Mercury Graphics Engineが高速処理を実現します。
  • 焦点領域
    Photoshopが、画像内のフォーカスのある領域を自動的に選択してマスクします。マスクされた領域意外の背景をさらにぼかしたり、色調を変えたりといった補正作業が素早く行えるようになりました。

Illustrator CC 2014の新機能

Illustrator CCは、印刷、Web、ビデオ向けに高品質なアートワークを作成できる、業界標準ベクトルグラフィックツールです。Creative Cloud 2014でアップデートされた機能の一部をご紹介します。

  • ライブシェイプ
    長方形の角が素早く編集できるようになりました。角丸の半径と形状を一括または個々に調整できます。アート上で直感的にコントロールすることも、変形パネルを使用して詳細に設定することも可能。長方形のサイズを変更または回転しても、角の属性は保持されます。
  • ライブコーナー
    ライブコーナーを使用して、作りたい形状を思いのままにコントロール。シェイプやパスを直感的に編集して、複数のコーナーを一括して角丸、反転、面取りすることができます。コントロールパネルまたはコーナーダイアログボックスでの詳細な調整も可能。コーナーはいつでも再編集ができます。
  • ペンツール&アンカーポイント
    ペンツールで次のポイントをドロップする前にパスセグメントを確認できるようになったため、直線や曲線の描画が効率化されます。また、ペンツールを持ち帰ることなく、パスセグメントを直接クリック&ドラッグして、ハンドルの角度を変えながら思い通りにシェイプを変形させることができます。
  • 文字タッチツール
    テキストをアウトライン化することなく、複雑なタイポグラフィを簡単に作成できます。文字タッチツールを使用すれば、テキスト上で個々の文字を選択し、移動、拡大縮小、回転などの編集が行えます。テキストは保持されているので、いつでもフォントの変更や編集が可能です。

Dreamweaver CC 2014の新機能

Dreamweaver CCとは、Web標準対応のデザインおよびコーディング環境を備えた統合Web制作ツールです。Creative Cloud 2014でアップデートされた機能の一部をご紹介します。

  • ライブビューの改善
    ライブビューでは、挿入パネルから追加されたHTML要素のプロパティを視覚的に編集し、モードの切り替えや更新の操作をすることなく変更をプレビューできます。
  • 強化されたCSSデザイナー
    直感的なビジュアル編集ツールでクリーンなWeb標準コードを生成。グラデーションやボックスシャドウ、ボーダーなどのCSSプロパティを適用できるほか、操作の取り消しもサポートされました。
  • エレメントクイックビュー
    新しいDOMビジュアリゼーションツールを使用してマークアップを高レベルで可視化。ドラッグ&ドロップ、複製、削除、複数選択などの操作により、コンテンツの構造を手軽に変更できます。
  • 最新のWeb標準をサポート
    最新のHTML、CSS、JavaScriptを使用できるほか、PHP 5.4をサポートしています。
    jQuery UIウィジェット
    jQuery UIウィジェットをドラッグ&ドロップするだけで、サイトやアプリの外観を素早くカスタマイズできます。

その他のCreative Cloud 2014製品

その他にもCreative Cloud 2014では、様々なアプリケーションの機能がアップデートされました。その一部をご紹介します。

FlashFlashは、あらゆるプラットフォームに向けたインタラクティブコンテンツをデザイン・開発するツールです。
Adobe CC 2014では、FlashPlayerがなくても最新のブラウザーで実行できるWebGL形式で静的アニメーションをパブリッシュする機能や、ストロークの線幅を任意のポイントで自在に調整、ストロークの変化に合わせたアニメーションを簡単に作成できる、可変線幅のストローク機能などが追加されました。

Flash CC 2014のその他の新機能を確認する

inDesigninDesignは、印刷物および電子書籍のためのプロフェッショナルなページデザインを作成するツールです。
表の行と列をドラッグ&ドロップで任意の場所に移動できる表機能の強化や、段落スタイルフォルダーと同様にカラースウォッチをプロジェクトごとにグループ化する機能などが追加されました。

inDesign CC 2014のその他の新機能を確認する

MuseMuseは、コードを記述することなく、洗練されたWebサイトおよびモバイルサイトを直感的にデザインする事ができるツールです。
最新の環境に対応するために、64-bitネイティブアプリケーションとして再構築されました。簡単なウェブサイトの修正なら、ブラウザから直接行う事ができる機能などが追加されました。

Muse CC 2014のその他の新機能を確認する

PremierePremiereは、4K、RAWなど幅広いフォーマットにネイティブ対応した、ハイパフォーマンスな業界最先端の映像編集ツールです。
映像中の特定部分、または対象物の 動きを自動追尾してエフェクトを追加する事ができるマスク&トラック機能が追加されました。
他にも、After Ef fectsで作成したLive Te xtテンプレートのテキストレイヤーを、Premiere Proで直接編集できる「Live Textテンプレート」機能などが搭載されています。

Premiere CC 2014のその他の新機能を確認する

After EffectsAfter Effectsは、映画クオリティのビジュアルエフェクトとモーショングラフィックスを実現できるツールです。
コンポジションの特定の領域にエフェクトを適用し、各エフェクトを個別に元のレイヤーにブレンドできるといったマスク機能の強化やキークリーナーと高度なスピルサプレッションにより、グリーンバック撮影素材での合成品質が向上するなどの機能強化が図られています。

After Effects CC 2014のその他の新機能を確認する

PhotoShop LightroomPhotoShop Lightroomは、撮影から仕上げまで、フォトグラファーのニーズに応える、スピーティで直感的なアプリケーションです。
写真内の不要なものを簡単に消去できる高度な修復ブラシや、傾いた画像をワンクリックで修正できるUprightテクノロジーなど、フォトグラファーのニーズに応える豊富な機能が満載されています。

PhotoShop Lightroom CC 2014のその他の新機能を確認する