Creative Cloudの前払い期間が延長可能に!

今までCreative Cloudの前払い期間は12か月間分のみでしたが、お客様の多様なニーズにお応えするため、前払い期間を最大で36か月~48か月まで延長する事ができるようになりました。
前払いによる複数年契約および契約応当日の設定に関して、柔軟な運用を行うことが可能になりましたので、この機会にぜひCriative Cloudの複数年契約をご検討ください。

こんなニーズにも新しいオプションなら対応できます 期限内に予算を消化する必要がある 一般企業や教育機関、官公庁のお客様の場合、12か月以上の入札に対応する必要がある 会計年度、会計四半期、学期など予算サイクルに合わせた契約応当日を設定する必要がある あらたにメンバーチョイスタームを導入

前払い期間を延長可能

法人様:12~36か月間

教育機関・官公庁:12~48か月間

お客様のニーズに合わせて、初回サブスクリプション期間と契約応当日を選択

※契約応当日についてはこちらをご覧ください。

スタンダードタームとメンバーチョイスタームのメリット・デメリット

従来までの12か月間分の前払いである「スタンダードターム」と、お客様ごとに前払い期間を選択できる「メンバーチョイスターム」のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット デメリット
メンバーチョイスターム
  • お客様が希望する日程を契約応答日にすることができます。
  • 複数年の契約が可能です。
(契約応答日をかなり未来に設定した場合)
  • 追加するライセンスの単価が高い場合があります。
  • 使っていないライセンスを長期間無駄にする可能性があります。
スタンダードターム 気軽に購入して、毎年保有ライセンス数を見直すことができます。 お客様が希望する日程を契約応答日とすることができません。

メンバーチョイスタームの価格計算方法

VIPメンバーシップの価格は、ライセンスの追加を行った日から契約応当日までの期間によって決定されます。初回サブスクリプション終了後、更新サブスクリプション期間は、一律12か月間のスタンダードタームになります。

メンバーチョイスタームの価格計算グラフ

契約応答日とは?

契約応答日とは、Creative Cloudの更新日を指します。

■スタンダードタームの場合
  最初の契約(VIPメンバーシップに同意頂いた日)の13か月後の更新日の事です。

■メンバーチョイスタームの場合
  最初の契約(VIPメンバーシップ同意時)にお客様にて任意の日程を選択します。

無償セットアップ期間について

教育機関、官公庁様向けに、契約応答日までのの一部期間を「準備期間」として無償セットアップ期間とすることができます。

■教育機関・官公庁向け 2か月無償セットアップ期間提供について
導入までの準備期間として、最大2ヶ月間を無償セットアップ期間とすることができます。以下の特別条件下で最大2か月間、無償セットアップ期間を設定できます。

提供 2015年1月7日(水)以降新規作成されたVIP IDで、最大2か月間提供
対象条件 20ライセンス以上かつ24か月以上のオーダー
対応方法 VIP ID作成時、無償セットアップを含んで契約応答日を設定
オーダー方法 ご注文時に製品使用開始日の指定が必要です。
※開始日はセットアップ期間の開始日ではなく製品の使用開始日
ご注意 セットアップ期間はセットアップ対応のみ可能。製品を利用することはできません。
※無償セットアップ期間は、初回注文のみ適用。追加注文には適用されません。

こちらはAdobe社が実施する過去製品を保有しているお客様向けの優待価格キャンペーンです。複数年の仕組みが導入され、下記ルールが追加されております。

特別提供版価格の適用期間について

(例)
新規13カ月以上の特別提供版を購入 ⇒ 更新時は通常価格
新規12カ月以下の特別提供版を購入 ⇒ 更新時も特別提供価格

Adobe Creative Cloudに関するお問い合わせ
お問い合わせ