Microsoft Office365とは?

MicrosoftからOffice365という名前の製品が登場して、今までのOffice製品とどんな違いがあるのか、最新バージョンのOfficeと何が違うのか、分からないという方も多いと思います。 そこでOffice365がどういった製品なのか、その価値についてご紹介します。

最新のOfficeアプリが安く利用できるだけ?

Office365は、最新バージョンのWordやExcelなど、従来のOfficeアプリケーションが、月額1,000円前後から利用できるサブスクリプション型のサービスです。 今までのOffice製品は1本あたり数万円もの初期投資が必要でしたので、バージョンアップをするたびに高額なコストを支払う必要がありました。 しかし、Office365では常に最新バージョンのOfficeが提供されますので、このような初期投資は不要です。

しかし、最新のOfficeで作成したファイルでも、よほど古いバージョンでない限り、開いて編集する事が可能ですので、常に最新バージョンのOfficeが必要な環境は多くはありません。

単に最新バージョンのOfficeが利用できるというだけでは、あまり魅力に感じない企業担当者の方も多いと思います。 しかし、Office365の価値は最新バージョンのOfficeを使えるという事だけではありません。

Office365の本当の価値

例えば、Lyncというアプリケーションを使えば、誰でも簡単にHD画質のウェブ会議をする事ができたり、OneDriveというクラウドストレージを使ってどこにいても、同じファイルを編集したりといった事ができます。 企業向けのメール(Exchange)や予定の管理など、ビジネスをトータルでサポートする製品が付属するプランも用意されています。

さらに特筆すべき点は、これらのサービスがクラウド上に用意されており、専用のサーバーを購入したり、サーバーに製品をセットアップしたりといった煩わしさがなく、申し込んだその日から使い始められる事です。 また、Office365で用意されるシステムは、ダウンタイムもほとんど無い高信頼性のシステムです。 こういったシステムを自社内に構築するのはまず不可能だと思われます。

このように、社内のコミュニケーションを活発化させる事ができる製品が、手軽にかつ大きな初期投資も不要で導入できる点が、Office365の本当の価値と言えます。

共有フォルダのイメージ

  • ユーザーあたり25GBの個人ストレージ
  • どこからでもアクセスでき自分のPCと同期
  • 他のユーザーとファイル共有が簡単

会議のイメージ

  • ネットワーク内ならどこでも接続可能
  • WindowsやiOS、Androidも利用可能
  • 標準規格に準拠した HD ビデオを利用可能

企業メールのイメージ

  • あらゆるデバイスに対応
  • 生産性を犠牲にせず機密情報の保護、監査対策が可能
  • 組織の要件に合わせた柔軟な対応が可能

Office365のプラン

Office365には、様々な企業規模や必要な製品だけをパッケージにしたプランが用意されています。 もし、すでに最新バージョンのOfficeを導入している企業であれば、SharePointなどだけを導入できる「Office 365 Small Business」というプランも用意されていますが、Office365のすべての魅力を活用する為には、サブスクリプション型のOfficeアプリケーションが利用できる「Office 365 Small Business Premium」プラン以上がおすすめです。

Office365のプランについては、Office 365 のすべての一般法人向けプランを比較する - Office.comに詳しく書かれています。

オンラインでご購入可能です
エルサットストアからお見積もり・ご購入