Office 365 Open 更新操作(削減更新)の詳細手順

Microsoft Office 365 OPENライセンス 更新操作(削減更新)の詳細手順

Microsoft Office 365 OPENライセンスの更新操作、ライセンスの削減更新の詳細な手順をご紹介します。

シートを削減して更新する方法

  1. ライセンスの有効期限を確認
  2. 有効なライセンス数と割当て済みのライセンス数を確認。
  3. ラインセンス割当て済みユーザーを検索するビュー(検索条件)を作成します。
    「新しいビュー」を選択します。
    ブラウザでボリューム ライセンス サービス センターにアクセスして、サインインボタンをクリックします。
  4. 「ビュー」の名称を入力します。
    ここでは仮に「ライセンス割当済みユーザー」と登録します。
    検索したい割当て済みライセンスの種類を選択し、「保存」を実行します。
  5. ライセンスが割当てられているユーザーが表示されます。
    ライセンスを削除するユーザーの表示名をクリックします。
  6. 割当られているライセンスからチェックを外しライセンスを解除してください。
    解除後、「保存」をクリックします。
  7. 「保存」をクリックすると、ライセンスの割当て変更とExchange ライセンス削除の確認画面が表示されます。
    問題がないことを確認できている場合は、「はい」を押してください。
  8. ユーザーから割当てを解除したライセンス数を確認してください。

更新する方法

  1. 「更新」をクリックします。
  2. プロダクトキーを入力します。
  3. 更新後の有効期限を確認します。
    シートを減数して割当てされていないライセンスがある状態で更新をすると以下の画面が出ます。
    未割当ての残りのライセンスを合わせて自動計算する場合には「続行」を押してください。
    未割当ての有効期間があるライセンスを、そのままのライセンスとして残す場合には「キャンセル」を押してください。
  4. 更新後のユーザーライセンス数と有効期限を確認します。