Microsoft Office 365 OPENライセンス 更新の手順

Microsoft Office 365 OPENライセンス 更新の手順

Microsoft Office 365 OPENライセンスのタイプ別の更新手順をご紹介します。

プロダクトキーの入手

VLSCにログイン後、「ダウンロードとキー」画面からプロダクトキーを入手します。

  1. VLSCにログインします。VLSCからの通知メールからログインも可能です。
  2. 「ダウンロードとキー」をクリックします。
  3. 「Office 365」で検索後、「キー」をクリックし、プロダクトキーを表示します。

ライセンスを確認し更新

Office365管理センターでライセンスを確認し更新を行います。更新のタイプ別に更新操作方法が異なります。それぞれのタイプごとに必要な作業を行い、更新処理を行ってください。

シートを削減して更新する場合

シートを削減して更新する場合、更新対象外ユーザーからライセンスを削除する必要があります。操作方法につきましては、以下の手順とOffice 365 Open 更新操作(削減更新)の詳細手順をご確認ください。

  1. 割当済みライセンス数を確認します。
  2. 更新対象外のユーザーからライセンスを削除後、割当済みライセンス数を確認。
  3. 更新対象外のユーザーからライセンスを削除後、割当済みライセンス数を確認。

シートを削減して更新する場合のご注意点

他ユーザーのライセンス利用日数が残っている状態で更新をすると…1年分の更新と削除ユーザーが持っていた残りの有効期間を足して、再度新しい有効期間を自動計算します。

現状維持で更新する場合

  1. 更新をするサブスクリプションの「更新」をクリックします。
  2. プロダクトキーを入力し、次の手順ボタンをクリックします。
  3. 次へボタンをクリックすると更新処理が完了します。

シートを追加して更新する場合

シートを追加して更新する場合は、現在の利用ユーザー(シート)の更新処理を実施した後、「追加」機能からサブスクリプションを追加する処理を実施します。

  1. 追加するサブスクリプションの「追加」をクリックします。
  2. 「プロダクトキーを入力する」を選択し、追加するシートのプロダクトキーを入力します。
  3. サブスクリプション追加後、追加したユーザーへ、ライセンス割り当てをしてください。サブスクリプション追加後にユーザーを作成し、ライセンスを付与もできます。