Office365 インストール手順

Office365のインストール手順

Office 365 Open製品を使えるようにするまでの流れが分からない!という声を多数いただきます。
そこでOffice365 Open製品のご利用までの流れをご紹介します。

Step1  VLSCサイトでプロダクトキーを入手します

Office365をインストールするには、まずVLSC(ボリュームライセンスサービスセンター)でプロダクトキーを入手する必要があります。
VLSCサイトへのサインインは、VLSC招待メールからアクセスする方法やOpen Value/Open Value subscription 発注確認書からのアクセス、サイトから直接アクセスするなど、複数の方法が用意されています。

  1. VLSCにサインインします。
    ブラウザでボリューム ライセンス サービス センターにアクセスして、サインインボタンをクリックします。
  2. Microsoft アカウントでサインインをします。
    もしMicrosoftアカウントをお持ちでない場合はVLSCの画面右下にある「新規登録」をクリックしMicrosoftアカウントを作成してください。
  3. 購入時に登録したメールアドレスを入力します。
    Openの場合は「電子メールアドレス」 、OV/OVSは「第二連絡先担当者」の VLSC招待メール、発注確認書を受信している勤務先メールアドレスを入力します。
  4. Openライセンスは初回のみ「利用条件の同意」が表示されます。内容をご確認いただきお客様の氏名を入力のうえ「同意します」をクリックしてください。
  5. [ライセンス]より[契約一覧]を選択します。契約番号をクリックし、プロダクトキー>選択肢でOSAを選択するとOffice365のキーを一覧で確認できます。 [ダウンロードとキー]リンクをクリックするとExcelシートに書き出すことができます。
  6. [ライセンス]より[製品の一覧]を選択します。[プロダクトキー] [選択肢]でOSAを選択します。契約の一覧の表示 すべてのライセンス情報をダウンロード
  7. アカウント取得は Office365.com/setup365より行います。キーはVLSCからコピー&ペースト可能です。

Step2  テナントの作成と管理者ユーザーの作成

プロダクトキーを入手したら、Office365ポータルでプロダクトキーを入力し管理者ユーザーを作成します。管理者ユーザーはOffice365を利用するユーザーの作成を行う事ができます。

  1. Office365ポータルにアクセスし、空白ボックスにチェックを入れて「開始」ボタンをクリックします。
  2. 使用するプロダクトキーをすべて入力し、「次の手順」をクリックします。
  3. 次に管理者ユーザーの登録を行いますので、プロダクトキーを入力し終えた画面で「ステップ2を開始する」ボタンをクリックします。
  4. アカウント情報を入力します。またここで作成するOffice365ユーザーIDで、企業ドメインを決定します。すべての情報を入力したら「続行」をクリックします。
  5. 管理者権限を持つユーザーの作成が完了しました。「Office365の使用を開始する」をクリックして完了です。

Step3  ユーザーの作成とインストール作業

テナントを作成し管理者権限を持つユーザーを作成したら、Office365を利用するユーザーを作成します。 ユーザーを作成したら、仮パスワードと一緒に利用者に連絡をしましょう。あとは各ユーザーごとにOffice365にサインインを行い、アプリケーションをインストールします。 OfficeのインストールやOneDriveの有効化などは、こちらのPDFファイルに詳しい手順が書かれています。

  1. https://portal.microsoftonline.com/admin/default.aspxにアクセスして、管理者権限のあるユーザーIDでサインインします。
  2. サインインすると管理者画面が開きますので、左側のメニューにある「ユーザーとグループ」をクリックします。その後、新規ユーザーを作成する為に「+」をクリックします。
  3. 名前(姓・名・表示名)とユーザー名(メールアドレス)を入力します。
  4. 新しく追加するユーザーにOffice365の管理者権限を与えるかどうかを選択します。また、ユーザーの所在地を設定します。
  5. ユーザーが利用するOffice365のサービスを割り当てます。利用するサービスにチェックを入れてください。
  6. ユーザーの仮パスワードを設定します。仮パスワードは、各ユーザーが正パスワードに変更するようにお願いします。
  7. ユーザーの作成が完了しました。